金庫の鍵は劣化して開かなくなることもあります

金庫は耐久性と安全性に優れているため、重要な物を守りたい人にお勧めです。

あなたが正しい順序に従えば誰でも安全なダイヤルを快適に開くことができますが、あなたが間違ったやり方をすれば、安全の中で物事を得ることができないことがあります。

また、キーと組み合わせて使用​​するのが安全であれば、キーの問題のため開かないことがあります。

この場合、キーを強制的に回すことは壊れ、各金庫を交換する必要があります。

今回は、このようなトラブルを防ぐために、金庫を開ける方法と開封しないときの対応方法を説明します。

ダイヤル式金庫の基本開放方法

一般の金庫は、4つの金庫番号を照合して開くことができます。

例として、パスワードが01-23-45-67のときにセーフダイヤルをどのように回すかを説明します。

①01を時計回りに4回以上時計回りに回し、01で停止する。

②23番を反時計回りに2回通し、3番目の32番で止めます。

➂45番を右折で1回、2番目の45番で止める。

④反時計回りに回して反時計回りに回します。

パスワードが正しい場合は、この方法で金庫を開くことができます。

キーがある場合は、番号を揃えてキーを揃えて、金庫が開きます。

シリンダーロックとダイヤル付きの金庫もあります

ダイヤルタイプとシリンダーキーを金庫と組み合わせて使用​​するようなものがあります。

安全ダイヤルが間違っていないにもかかわらず金庫が開かない場合は、キーの誤動作の可能性が高いです。

キーが回されていない場合でも、強制的にまたは回すと、キーが壊れて、すべての金庫を買い戻す必要があります。

ダイヤル式とシリンダーキーを一緒に使用する金庫で開けないと困ったときは、キーオフで何もできないので、すぐにプロのキーオープナーに連絡してください。

鍵を壊すことなく金庫を開くことができます。金庫を購入して交換するよりも、金額が少なくて済みます。

あなたが開いていないので、傷つけずに解決することが重要です。

何年も過ぎた金庫は誤動作しやすい!

一般的な金庫の耐用年数は20〜30年と言われています。

その年以降の金庫はますます劣化するが、具体的には金庫の材質の劣化により扉の隙間ができたり、シリンダーキーが劣化することがある。

金庫にはダイヤルがありますが、安全性、耐久性、耐火性には複雑さがありますが、何年も経過したドアには隙間があります。

セキュリティの精度は何よりも低くなるため、より脆弱になります。

とにかくそれを開くことができない場合は、キーの専門家に尋ねてください!

銀行などの業務用ではなく、家庭用の金庫の場合、おそらくそれを開く機会はあまりありません。

その結果、鍵の紛失や鍵の回転の困難さ、金庫のダイヤル番号を忘れるなど、安全に問題を起こすことが多いパターンが多かった。

金庫の鍵が破損した場合は、金庫を交換する必要があり、金庫は安くはないので、無理に開けないでください。

何かが間違っている、または理解できないことがある場合は、自分で管理することなく業者に相談しましょう。

キースペシャリストは特別なツールを備えているため、キーのトラブルやダイヤル番号の忘れによってキーが開かなくても、安全に開くことができます。金庫の鍵を開ける業者

まとめ

金庫は、高い耐久性と安全性を備えて重要な物を守りたい人に最適です。

金庫でシリンダーキーとダイヤルで開くことができるものがあります。

万が一、金庫が開かない場合は、プロキーの専門家に開封を依頼してください。強制的に押さないようにしてください。

金庫を壊すことなく開くことができるので、新しい交換をする必要はなく、余分な費用を防ぐことができます。

関連記事

ページの先頭へ