防犯対策!そもそも鍵を紛失しないようにする

あなたが家に入ることを試みたとき、あなたはたった今、 “あなたはどこかに落としたかもしれない!”

私は私の家の鍵を紛失したという事実によって止まった冷たい汗を経験しました。

必死に捜しているにもかかわらず、結局私は鞄の中にいましたが、本当にそれを紛失した場合、適切に対応する方法を見つけようとしました!

このコラムでは、自分の家の鍵を失ったときに取るべき行動と、自分の鍵を失うことを避けるための対策を紹介します。

私は、このコラムが鍵を失ったときにそれがソリューションマニュアルになることを願っています。

私が私の家の鍵を紛失したと思ったらチェックしたい場所

私は自分の家の鍵を失うと、辛抱強くなります。

しかし、このような時は静かに、4つの場所を探してみてください。

ポケットの内側

家の鍵をポケットに入れている人はたくさんいます。

キーがポケットの後ろに入ると、それは角度によって気づかれないのですか?

とにかく、「発見されていない」さまざまなパターンが存在するため、検索します。

最も確実なことは、ポケットを裏返してチェックすることです。

車の中で

それは車の中で気づいている間にそれを落としたかもしれません。

座席と隙間の下に入ると、ちょっとチェックすれば鍵が見つからないことが分かります。

とにかく2〜3回は検索することが大変重要です。

バッグの中に

私は自分のポケットに入れているので、「私は袋に入っていません」と自信を持っていましたが、
それは私のバッグから出てくる時があります!

特に、バッグに隠されたポケットがたくさんある人は、ひとつひとつを忍耐強く見ていることに限られています。

バッグの底にあるアンダーレイを裏返しましょう。

秘密裏に隠れる可能性もあります。

私が鍵を紛失した場合、質問をせずにすべての袋を袋から出し、それらをすべて床に並べれば、それはしばしば見つかる。

リターンで停止する場所

あなたのポケット、車、またはバッグで見つけることができない場合は、最後に外を探しに行く必要があります。

まず第一に、家に帰る途中で止まった場所を探しに行かなければならないと思います。

私が店に落ちたなら私は運が良かった。

それは、紛失した物として多くのものが届けられるからです。

あなたがまだそれを見つけることができない場合

私が店に帰っても、鍵が見つからないときは… …突然急に疲れて疲れて疲れていて、飽き飽きしています。

私は私の家の鍵を失うと、本当に疲れました。

あなたが「後悔しても無駄な時間」を求めて、次のステップを踏み出しましょう。

警察に引き渡す手続き

私がしたい最初のことは警察への犯罪防止報告です。

いつどこで鍵を拾うのか分かりません。

ピックアップされた鍵が誤用される可能性は十分に考慮されることがあります。

警察に届けられれば、誰かが鍵を見つけて手に戻ってくるかもしれない。

リクエストは、

私は私の家の鍵を紛失すると、通常は予備の鍵を持っていません。

家に入るためには、契約者に鍵を開くように依頼する以外に選択肢はありません。

最近、24時間を扱う重要な展開企業があります!

真夜中に私の鍵を紛失したとしても、私は数時間で家に入ることになった。

身分証明書は鍵の開封申請に必要ですので、準備して、業者が来るのを待ちます。

基本的にどのような種類のキーでもキー解読に対応できます。

だから安心してリクエストを検討してください。

キーを開くのにかかる時間は、業者とキーのタイプによって異なりますが、約30分〜1時間で開くことができます。

キーを作成する必要はありますか?

必要なし?あなたが家の鍵を失ったときにプロのディーラーに来たときに、鍵穴の形から現場に予備の鍵を作成する方法があるようです。

このように鍵を開くことができれば、何も起こっていなかったかのように、明日に暮らすことができます。

しかし、誰かが失われた鍵を拾い、空きがあるという被害があるようです。

可能な限りキー交換を調べて、ドロップされたキーを誤用しないようにしてください。

鍵が出てこないときに一度交換することを考えてみましょう

家の鍵が紛失した場合、警察に通報しても鍵が返ってこないと鍵交換が重要になります。

私が手に戻っても、家が指定されており、スペアキーは無断で作られているという恐ろしい事があるようです。

独り暮らしの女性は、特に防犯を大切にしたいと考えています。

私は専門家の請負業者に鍵を開くように依頼するときに鍵交換を一緒に依頼することが最善であると思います。

キーを紛失しても何もしないようにする対策

最善のことは、家の鍵を失わないことです。

そのための対策を紹介します。

是非試してみてください。

スペアキーを作る

予備のキーを事前に作成することも重要です。

スペアキーを部屋で紛失しない場所に保管しましょう。

また、マスターキーにはキー番号が刻まれており、キー番号を伝えるだけでキーを作る店舗があるようです。

番号を変更することをお勧めします。

主な機能をメモや写真で表示できるようにする

それがどんな種類のキーであったかを覚えていれば、簡単に見つけられるはずです。

あなたが写真を撮るなら、それをかなりうまく使うことができます。

チェーンとストラップをつけてください

いつも使っているバッグにチェーンなどでつなぎます。

標準的な方法が最高です。

キーを紛失しないことが効果的です。

また、顕著なキーリングやベルを付けた場合、キーをドロップするとすぐに気付くことができます。

ロス防止タグを添付してください

最近、スマートフォンと一緒に失われたアイテムを見つけることができる損失防止タグと呼ばれるものがあります。

これは、スマートフォンのGPS機能を使ってオブジェクトに専用のタグを付けて検索できるアイテムです。

また、位置を特定できるだけでなく、一定の距離を離れるとアラームが鳴り、通知する機能もあります。

また、財布や鍵などの貴重品にも使用できますので、持ち運びに便利です。

まとめ

家の鍵を紛失すると誰もが辛抱するでしょう。まず落ち着いてみましょう。

鍵を掃除したかもしれない場所、落としたかもしれない車の中、落ち込んだ場所と戻ってきた場所に戻ることが重要です。

それでも見つからない場合は、犯罪防止のために警察に通報することが重要です。

鍵がなくて家に入ることができない場合は、鍵を開けて専門家に相談してください。

さらに、鍵交換を要求した場合は、取得した鍵が鳥の巣として誤用されるのを防ぐことができます。

身分証明書をお持ちの場合は、同時に鍵と鍵交換の両方をリクエストすることができますので、準備することをお勧めします。

鍵を紛失しないようにするには、チェーン付きの袋に鍵を取り付け、鐘や紛失防止用のタグなどを取り付けます。

関連記事

ページの先頭へ